FunkyTrio情報&monkeyネタ
by monkeyxx
携帯からも見れます
↓↓↓
携帯版
【monkeyのたわごと


QRコード
(バーコードリーダーで簡単アクセス!)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30














mail下さいね!  
cherokee
歌よりはインストゥルメンタルでお馴染みの Ray Noble 作詞作曲(1938年)の1曲です。ミュージシャンたちが腕を競って、ものすごい up tempo で演奏する"ジャムセッション"などでよくとりあげられる1曲です。....




私はこれを聴くととても元気になれます。「よっしゃ、がんばろ〜っ」って感じです。

タイトルの『cherokee』とはインディアンの<チェロキー族>のこと。内容はインディアンの乙女に恋をした青年の物語、といったところでしょうか。タイトルの『cherokee』歌の中では乙女の代名詞になってます。

イントロなどでインディアンの踊りをイメージしたアレンジがよく使われています。

私はフロントに管楽器が並んで、超 up tempo でみんなで theme を吹いて始まる...ってゆーのが好みです。だってかっこええねんもんっ!!

この曲はやはりインストゥルメンタルで演奏されてる方が多くて、歌っている人が少ないんですよね。お薦めがあれば誰か教えて下さいっ!!



*お気に入り*
Dee Dee Bridgewater
1986年11月24日25日と2日間にわたっての、パリのクラブ「ニュー・モーニング」でのLIVE録音CD『Live in Paris』。

メンバーは

Herve Sellin(ヘルブ・セラン)/piano
Antoine (Tony) Bonfils(トニー・ボンフィルス)/ bass guitar
Andre Ceccarelli(アンドレ・セカレリ)/drums

という、フランスのミュージシャンです。

Live録音なので、全編のりのりでいい感じです。
『cherokee』はCDの一番最後に収録されてて、歌いきったぞ〜、といわんばかりに熱気を帯びたままフェイド・アウトして終わっていくのですが、"ああ〜、もっと聴きたい〜......" と、まるで生でLiveを見たかのような錯覚に陥ります。私だけかもしれませんが.....。

まあ、ご一聴ください。
[PR]
by monkeyxx | 2006-09-13 10:32 | song book
<< on green dolphi... come rain or co... >>